FireEye標的型攻撃対策ソリューション

世界に通じるセキュリティ
次世代の脅威対策ソリューション

概要

FireEyeは、高度な標的型攻撃を阻止する唯一の防御対策を実現します。FireEye はゼロデイ攻撃や標的型攻撃からシステムを保護する、次世代の脅威対策ソリューションです。ファイアウォールやIPS、アンチウイルスなどのシグネチャベースの従来型セキュリティでは防げない最新の攻撃手法にも対応し、情報資産を守ります。

標的型攻撃とは?

標的型攻撃とは、明確な「目的」をもって特定、もしくは関連する企業・組織に対して行われるサイバー攻撃です。

狙われているのは機密情報

犯罪者の視点で見れば、企業・組織は機密情報や知的財産の宝庫。その詐取を大きな目的とする傾向があります。

標的に合わせた高度な攻撃手段

目的達成のため、標的となる企業・組織が実施しているセキュリティシステムをすり抜けるような攻撃を実施します。

継続的で気づかれにくい攻撃

目的を果たすまで、長期間にわたって執拗な攻撃を継続します。その際、標的内部に気づかれないように長期間潜伏し続けます。

製品ラインナップ

Web MPS

入口対策

  • HTTPトラフィックをキャプチャしアプライアンス内のMVXで攻撃の有無を検知&アラート

出口対策

  • 攻撃によって感染した端末から外部C&Cサーバへの通信を検知&アラート
  • リセットパケットを送信し、C&C サーバへの通信を自動切断

Email MPS

入口対策

  • Email の添付ファイルをアプライアンス内のMVXを使用して攻撃を検知&アラート
  • Email 本文および添付ファイル内のURLをDIT-Cloudからの情報をもとに検知&アラート
  • 攻撃メールのブロック(MTAモードの場合)

File MPS

内部

  • ファイルサーバに拡散、待機されたマルウェアをMVXで検知&アラート
  • スケジューリング機能により、定期的にファイルサーバを監視

CMS (Central Management System)

統合管理ツール

  • Web、Email、File MPS の情報を収集し、一元管理
  • DTIから取得したシグネチャ情報を各MPSに共有
  • 管理デバイス間で発見されたマルウェア情報の共有により、全アプライアンスの検知レベルを高水準に維持

MAS (Malware Analysis System)

  • 任意のURLやファイルをMVX 上で実行することで詳細分析を実施
  • 実際のC&Cサーバに通信させることが可能

お問い合わせ

価格や製品のお問い合わせはこちらから

852-2919-5244

受付時間:平日9:00~17:15
(土・日・祝日・年末年始を除く)

お問い合わせ

852-2919-5244

受付時間:平日9:00~17:15
(土・日・祝日・年末年始を除く)

お問い合わせ・ご相談フォーム